茜会婚活ブログ

Blog

2019年4月8日

続!50歳からの結婚

続!50歳からの結婚

みなさんこんにちは。茜会です。

以前に、一度50歳の方が婚活をするのに大切なことや心構えなどについてお話しました。今回は、先回ご紹介しました内容の続編として、50代の婚活サバイバーの方が考えておくべきポイントをいくつかご紹介します。こんなふうにすれば上手くいくという秘訣などを掴み取っていただければと思います。

 

茜会で婚活に励まれているアラフィフ世代の方は、どのような異性の好みをお持ちでしょうか?茜会のアラフィフさんには、大きく3つのタイプの方がいます。

一つ目のタイプは、理想が高くてなかなか相手が見つけられない方です。このような理想の高さが婚期を逃してしまった原因です。こだわりが強すぎて、融通が効かないので、20年来同じタイプの方を追い求めているという方は、少し柔軟な気持ちを持つことも必要です。このままだと、理想の相手を見つけることが出来ないまま、60代へ突入し、生涯独り身を貫かねばならなくなるかもしれません。そうならないように、まずは理想が高すぎる自分を顧みて見直してみましょう。

 

二つ目のタイプは、自分に自信がなく、相手にも多くを求めなさすぎ、つまり理想が全くないタイプの方です。いつも受け身で、異性の好みもはっきりしないので、活動も定まりません。ターゲットがはっきりしないので、結局あっちへ行ったり、こっちへ行ったりして、何を求めているのかわからず活動が全く効率的ではありません。一見、許容範囲が広いようにも感じられるので、相手が見つかりやすいのではないかと思われますが、実際には自分でもどうやって活動をしてよいのかあまりわからないので、ただただ時間だけがすぎていきます。相手にとっても、この人はやる気があるのだろうか、自分のどこがいいのだろうかと、煮え切らなさを感じて、最終的には誰でもいい、成り行きでお付き合いをしていると思われて途中でお断りされてしまいます。

 

三つ目のタイプは、異性の好みや理想が柔軟すぎる人です。誰とでもすぐに親しくなれるので良い面もあるのですが、フィーリングやノリが合えばそれでいいと容易に相手を選びすぎてしまうところがあります。若いころならそれでもいいのですが、50代ともなれば、生活面の相性や、将来ことなどもある程度考えたうえで判断する方がいいでしょう。こういった方は、より慎重に相手を選ぶことをおすすめします。自分とどうしても条件が折り合わない人と交際をしても時間の無駄ですし、そんなことに時間を費やするほど若くはありません。最初から条件で合わないところがある人や、生活がすれ違うだろと思われる方との交際は、おすすめしません。50代ともなれば時間的にもそれほどゆとりがあるわけではないので、条件が合う人に絞って効率的に活動するようにしましょう。お申し込みがあったからといってあまり容易に受け入れてしまわずに、相手の理想や好みを明確にしておくほうが無駄な時間を過ごさずにすみます。

 

二つ目の、50代の方で結婚歴があるとか、子供がいるという方でも諦めずに婚活を続けてほしいということです。たしかに結婚歴がある方や子供がいる方は、条件的に少し難しです。ですが、茜会には50代で離婚歴有りの方や子供がいる方がたくさん活動されています。そして、見事にゴールインされている方もとても多いので、是非後に続いてほしいものです。人生の失敗をしてしまった方と感じている方や結婚にあまり良い思い出がない方も、是非茜会で良いお相手を見つけて、人生の次のステップに進んでほしいです。特に50代の方は、それに一番良い年齢です。子どもも成人して手が離れたら、次は自分が幸せになる番です。茜会なら定年後の有意義な時間を過ごせる最良のパートナーがみつかりますよ。

 

三つ目は、50代で婚活を始める方や現在婚活中の方にお伝えしたいのは、遅すぎるということは決してないということです。50代の方は婚活を始めるには遅い、もう若くはないと思われる方も多いのですが、そんなことは決してありません。50代なんて、まだまだ若いです。これからが人生のスタートです。大切なのは、ポジティブシンキングでいくということです。これから60歳になると定年退職をして、自分の自由な時間がたくさんできます。ですので、今こそ良いパートナーを探すときです。これから楽しい第2の人生を有意義に過ごせるパートナーを見つましょう。ですので、自分はもう若くはない、婚活をするには遅いなんて思わずに、楽しい人生のパートナーを見つけようではありませんか。そんな前向きな気持ちで婚活をしてくことがとても大切です。ポジティブシンキングな方は、自然と相手を惹きつけますので、きっと良いお相手が見つかるはずです。


カテゴリ:
タグ:,