茜会婚活ブログ

Blog

2018年9月8日

金平糖のようなキラキラときめく恋 №15

金平糖のようなキラキラときめく恋。

 

何やらふしぎな香りのするような、

約500年ほど昔南蛮から渡来したお菓子。

丸い小さな砂糖の塊にイガイガが付いたキラキラお菓子

余り人目も引かずひっそりとした存在感。

しかし、その製法とやらは神秘のまた神秘のようですが

一子相伝にて今日まで伝わっています。

そんな地味な存在にも近頃スポットライトが当たっています

なんと、人の生き方そのものなんですね。

何とも不思議なキャラクターのデビ夫人、

インドネシアの元スカルノ大統領夫人として

活躍された方が今、全く新しい生き方を実践しているようです

お年を召しても今やマスコミの寵児。

変わる事が出来る人ってすごいものですね。

年齢は70代後半とか。

ひるがえって我々はそこまでではないと思いますが、

中々変化することが出来なくて、目の前のチャンスを

むざむざ逃がしてしまっている人がどれほど多い事か。

過去の価値観に縛られて自分の殻を脱げない人

せっかく活躍してる人がいても、斜に構え素直に評価できない人

自分が変わらなければ、お相手は変わってくれません。

おそらくデビ夫人も、マスコミに抵抗もあったかと思いますが

あえて新しいご自分を試してみたかったのでしょう。

とにかく今、キラキラと輝いています。

自分が変われば世界が変わります

人生を楽しくするのも、又つまらなくするのもご自身です。

過去の小さな見栄やプライド、これらを捨てる事が出来れば

目の前が大きく開けてゆきます。

変わる事が出来ることって、なんと大きな宝物でしょう。

皆が持っているものです、生きて価値のあるうちに使わないと

何しろもったいないですね。

見栄と体裁、この二つがどれだけ我々を不幸にしている事でしょう。

あなたの幸せは、他人が決められるものではありません

人にどう思われようと、自分が幸せならこんないいことはないです。

金平糖のように、世間から少し忘れ去られているようですが

その心には新しいもの、あるいは人に流されないものを秘め

自分だけの世界にしっかり生きているデビ夫人のような生き方に似てますね。

代表 川上


カテゴリ:
タグ:,