会員様ログイン

茜会婚活ブログ

東京の携帯料金、やはり「世界最高」

大手3社が高いシェアを維持しています。

とにかく料金が国際的に高いです、

調査対象の最も安いロンドンの3倍以上。

国としても公正な競争環境の整備を通じ、

菅首相も40%は下げる余地があると言っています。

健全な市場原理を利用して

70%も下げているドイツやフランスのように

やれば出来るんですね。

 

何故こんなことがおこったのでしょうか、

昨年あたりから携帯電話料金について

政府が先頭になって値下げのアピールをしています。

理由はこれだけ高いと国民の生活に

大いに影響があるとのこと。

しかしそれならば何故最初にその高い価格で認めたのでしょう

確かに国の電波行政といえば言えなくもないですが。

しかしおかしいですよね、日本のように街中の一等地に

各キャリアの店舗がある国はほとんど無いそうです。

自社のシェアを拡大したり維持するためでしょうか

そうでなくても地価の高い東京で。

 

 

日本で料金が高いのはドコモ、KDDI、ソフトバンク

の大手3社が高いシェアを維持する状態が続いてきたためです。

海外では新規事業者の参入や格安スマホ会社の激しい競争が

料金引き下げにつながっているという。

しかしここにきて第4の勢力として

楽天が参入して競争が激しくなる事が予見されます。

 

「マッチポンプ」

自ら火をつけておいて、火が大きくなったら

この火を消すのは私なら出来る。

こんなたとえ話を思い出してしまいました。

 

代表 川上

新着記事

タグ

トップ

ご興味がある方はお気軽に
資料請求・無料相談へ