茜会婚活ブログ

Blog

2019年7月7日

シニア婚活で考える、相次ぐ高齢者の暴走事故について。

みなさんこんにちは、茜会です。

 

最近、世間を騒がせているニュースとして高齢者の交通事故の話題があります。

ブレーキとアクセルの踏み間違い、不注意による暴走事故、意識喪失など、その被害の大きさから社会問題となっています。社会では免許の返納を求める意見も多く、茜会世代で車を運転されている方にとっては見過ごせない話題です。        

 

シニア婚活のドライブデートについて対策方法をご紹介していきます。

 

一つ目は、極力車移動を控えるということです。地域によっては、どうしても車でないとデートが難しいとか、公共交通機関が無い、あるいは少ないということがあります。特に初めのデートの車移動は控えましょう。というのも、ブレーキとアクセルの踏み間違いや、不注意の事故は、緊張や精神的な不安から起こることが多いです。そのため、初めてのデートによる緊張や不安でブレーキとアクセルの踏み間違いが起こらないとも限りません。やはり初めのデートは公共交通機関の利用をおすすめします。公共交通機がない地域であれば、現地集合現地解散も可能です。女性にとっては、最初のデートの車移動は嫌だという声も少なくないので、恐らく相手にとってもそれは支障のないことでしょう。

二つ目は、遠出は控えるということです。特に70代以上の方は、運転を控えるとともに、長距離運転は控えましょう。車を使ってのドライブや、旅行などはあまりおすすめしません。できれば、日帰りバス旅行や電車旅などをお楽しみください。

 

三つ目は、もしお相手が運転の得意な方であれば、運転を交代し合うのも一つです。女性に運転させるのは男性として気が咎めるかもしれませんが、最近の女性の方は運転が苦にならないとか、むしろ運転が好きな方もいるくらいです。なので気軽に提案してみるのも一つです。長時間の運転は、疲れで集中力が鈍ります。そのため相手と時間を交代で運転し合うことで、お互いに助け合うことが出来ます。

 

四つ目は、休憩を頻繁に取ることです。もし車移動をすることになっても、かならず2時間に1回は休憩をするようにしましょう。途中のスポットに立ち寄って見学をしたり、お店に入ったり、トイレ休憩などをして長時間運転し続けないようにしましょう。外の空気を吸うだけでも気分転換になりますので、時々停車して外に出て体を動かすようにしましょう。

 

五つ目は、体調を整えるということです。体調が悪い状態で車を運転するのは厳禁です。集中力が落ちて、運転に身が入りません。前日の睡眠不足も運転の妨げになりますので、デート前日はしっかりと睡眠をとり、体調を万全に整えましょう。もし体調が悪ければ、予定を変更して電車移動に切り替えるのも一つです。

 

六つ目は、雨の日や夜間のドライブは控えるということです。雨の日や夜間は視野が特に悪くなります。視野が悪くなると不慮の事故が増える可能性が高いです。できれば、これらの日は運転は控えるようにして、遠出から近場に切り替える、電車移動に切り替える、早めの時間に戻ってきて近場でゆっくり時間をすごすよというようにデートプランを変更するのがおすすめです。

 

七つ目は、もしどうしても車移動が必須であれば、不測の事態のために、JAFや車保険などに入っておきましょう。万が一事故を起こしてしまっても相手に迷惑がかからないように、補償を確保しておくことが必要です。特にデートでお相手を乗せるなら、同乗者の方も保険の対象となる保険も考慮しましょう。

 

八つ目は、車への事故対策です。事故対策装備をしたり、車両自体を対応車両に乗り換えることも良い方法です。そこまでしなければいけないかと思われるかもしれませんが、それくらいの覚悟は必要です。活動中だけではなく、もし結婚することになったら、相手の人生を背負うわけですから、それくらいの準備は必要と考えてください。

 

このように最近話題になっている高齢者の自動車事故について、今回は少し掘り下げて考えてみました。これらは活動中に限った話ではなく、運転をされている方にとっては、今後結婚したらどうするかということも合わせて考えておく必要があります。活動中もこれらのことを意識して運転に向き合うようにしましょう。

一般的な見解となりますが、パートナーと一緒に出掛けることで、二人だけの楽しい時間を過ごせるので、ドライブは欠かせませんね。


カテゴリ:
タグ:,