茜会婚活ブログ

Blog

2019年6月20日

人生100年時代と、60代の婚活。

人生100年時代、
年金の支給は70才から!?
8050問題、
来年は東京オリンピック、

令和。

50代・60代・70代の中高年、熟年シニア世代のパートナー探しは、
もはや日常のライフスタイルになりつつあります。

先日、ワイドショーで取り上げられていた磯野貴理子(55才)さんと24歳年下夫との
離婚のニュース、約7年で結婚生活に終止符を打つことになりました。

純粋に残念…ですね(あ~やっぱり気持ちも含む、、、)

しかし、夫が24歳も年下となると、24歳年上の妻は、どれだけ美容につぎ込んだらいいのか…せめて一回り下(12歳)くらいがいいかな…と、つい勝手な妄想をしてしまいます。

 

ここ2~3年で、お問合せ(資料請求)を気軽にしてくださる方が増えました。
情報収集はもちろん必要ですが、サイトや資料だけでは3割程度しか伝わりません。

ネットの口コミもある程度は参考になりますが、これは1割以下の参考にしかないと思います。
うまくいった人より、だめだった人が投稿されている場合がほとんどですね。

やはり自分で確かめることは賢明です。
アプリだったら、登録し実際に会ってみるものひとつ。
婚活会社であれば、来社して相談してみる。

アプリも婚活会社も、出会いの場という共通点があります。

 

50才以上の独身者は、年々増えています。

婚活業界では、「離婚同士のパーティー」や「死別同士のパーティー」を企画するところ
も増えてきました。

これから求められることは、ニーズ!ですね。
ひとりひとりが求めるサービスを提供する。

会員登録にこだわるより、もっと大事なことがあるかもしれませんね。
コミュニティ感覚を広めて、何か社会に取り組めたら面白そう。

 

とくに60代の婚活においては、これから出会うパートナーとは20年以上は一緒にいられる。
現役で仕事をしているときより時間にゆとりがあり、ふたりで過ごす時間はたっぷりあります。

好きな人を見つけるために婚活を始めてみるのはいいのでは?

 

実際に、茜会で出会われた60代の男性によると、茜会へ入会して約2年経った夏に、
50代の女性とお見合いし真剣交際へ…半年経った今も、いい関係とのこと。

婚活している2年間は、相手が見つからず何回もやめようと思った…成婚されたカップルのトークショーを2回も聞きに行き、うらやましいと思ったそうです。

でも、あきらめなくてよかった…。今は仕事も恋愛も充実しているそうです。
この男性いわく、「いままでお付き合いした人もそれなりにいたけど、なんか違ったね…
共通点というか、価値観というか、相手もあまり気にしないタイプだったからよかったみたい…。」

 

好きな人がいる喜び、大事ですね。


カテゴリ:
タグ:,